ワークライフバランスの見直しの必要性について

work life balance

ワークライフバランスの見直しが現代社会では重要になっているのは社会人の方なら誰もが知っていて、ワークライフバランスが整えられている会社にお勤めの方も多いはずです。

ワークライフバランスの見直しは、もう今から3年程前の2019年4月1日順次施行されていきました。(勤務間インターバル制度導入等)

働き方改革関連法の一環ともいわれています。

ワークライフバランスとはワーク⇒仕事、ライフ⇒生活(プライベート)が調和されていることです。

では、ワークライフバランスの見直しはなぜ重要なのでしょうか?様々な家庭事情がある中で環境は違えど誰にでもワークライフバランスを整えることは必要です。いくら仕事人間でも仕事ばかりの生活ではいつか身体を壊してしまいます。

そこで私生活できちんと休む時間、癒しの時間、趣味の時間など仕事を忘れる時間も必要になってくるわけです。

自分の心や身体についても見直す時間がないと健康に気を使うこともなくなってしまいます。

1日くらい無理したっていいや・・と思ったとしても、気づけばその考えが慢性化し、健康管理自体への意識が疎くなる可能性もあります。そして、気付けば取り返しがつかない程にまで悪化してしまうかもしれませんね。

よく社会人は健康管理も仕事のうちの一つと言われますがまさにその通りです。1人が休めば周りの人の仕事内容が増えることになり周りの人に負担がいきます。

そして周りの人からは不平不満がでることにも繋がり、周りの人も体調を崩しかねず、仕事が回らなくなっていってしまうかもしれません。

普段から健康に気を使える時間、リフレッシュできる時間があればまた次の日もさらに次の日もずっと仕事と私生活のバランスがよくできているので仕事上では生産性の向上が期待されます。

人材によっては、仕事とプライベートのON・OFFをきっちり分けたい人もいれば、仕事に邁進したいもっと働きたいと思う人・逆にプライベートを充実したいといった様々な人材が存在するわけですが、ワークライフバランスの正解は、その人材がワークライフバランスを見直すことで仕事時間のパフォーマンスが最大限に活かされるような体制を強化していき、結果的に人材・企業・社会全体にメリットが生まれる状態を作ることです。

ワークライフバランスを見直す事で、更に仕事に集中できる環境作りをし、自分の能力がアップされる時間も作り出すことができるはずです。

ワークライフバランスを見直すことは自身や家族・周囲にも良い影響があります。仕事を早く切り上げプライベート時間に切り替えることは自分だけでなく、家で待っている家族に対してもメリットです。

早く帰宅できれば家族の負担も減り、子供がいる家庭では喜ばれ、家族・子供と過ごす時間が仕事の癒しとなり次の日も頑張れる活力になる可能性もあります。

また、家族内で介護が必要な人がいる場合に早い帰宅は、介護者、介助者共に安心感が生れるはずです。

また、企業がきちんとワークライフバランスを従業員、これから求人募集する際に公に提示、推奨していたら

①企業のイメージアップ

②離職率の低下

③過労死、自殺、うつ症状など最悪事態を回避

などと従業員だけでなく新たな人材にも企業としていいイメージがつきやすくなるのでメリットがあります。

ワークライフバランスがしっかりしている企業は就職したいという人がたくさん集まります。

また、しっかりとした制度があるので離職したいと思う人も居なくなります。

仕事とプライベート時間が別けられるのでストレスを溜めすぎる事もなく、健康面でも被害が最小限に留めることが可能です。

大企業では福利厚生面を含めて制度がしっかりしているイメージがありますが、中小企業でも従業員の身体の健康面、心の健康面、両方をいい状態で保つためにも最新の制度、情報収集には敏感になりすぐに取り入れる必要があります。

そこで今回はワークライフバランスを見直すうえでも最適なクラウド勤怠管理を紹介させて頂きます。

商品名:「KING OF TIME for おまかせ はたラクサポート」です。

どうしても長時間労働をしてしまう企業はワークライフバランスを見直す必要がありますが、どのようにしたら良いか分からないとなりますよね。

そのような時は、「KING OF TIME for おまかせ はたラクサポート」を導入して頂くことが解決の近道です。

紙の出勤簿で勤怠管理をしている企業の方は月末などの締め日、日々の出勤時に欠勤者がいた場合の人材管理などに必要以上の時間を費やしていませんか?

時間をかけなくてよいところに時間をかけていては他の仕事に支障をきたしますし、勤怠管理のために残業をしていてはワークライフバランスが悪くなります。

社内だけでなく、直行直帰の営業担当がたくさんいる職場、出張が多い職場どんな働き方をしている人にでも「KING OF TIME for おまかせ はたラクサポート」は短時間でお持ちのパソコン、タブレット、スマホから簡単に出勤、退勤の処理ができます。

有給休暇、慶弔休暇、急な用事で欠勤をしたい場合など直接上司には言いにくい休みの場合でも直接の申請は必要なくパソコンなどを通して行い、申請許可を待てばよいのでお互いに煩わしさがなくなり時短ともなります。

また、紙の出勤簿を利用していた企業は紙からクラウド上の管理に切り替えることで仕事を簡易化できるとともに紙のコスト削減にも繋がります。

リアルタイムで出退勤状態の確認が可能、情報は最大5年間クラウド上で保管可能です。

また常に最新の情報、アプリケーションが提供されるので更新の必要なく最新の状態で長く使用可能です。

料金は初月無料初期設定サポート付き月額3,850円+ID利用料(330円×人数分)、電話サポート毎月20回が付帯です。

初めてクラウド勤怠管理を使うという方でも安心して始められるのは心強い味方になります。

早く始めたいという方でもお申込みから最短1週間から10日で利用開始できるのはメリットです。

詳細が気になる方は是非下記ののホームページも参考にしてくださいね。

TOP

・いち早くワークライフバランスを見直し仕事もプライベートも充実させたい!!

・今まで出退勤管理に手間取っていた!!

・新年度を迎えるにあたり人材が増えるので出退勤管理の見直しを考えていた

!!etc・・・という企業の方にはとてもおすすめです。

今のご時世はコロナ禍でいつも以上に働く時間や場所がバラバラになっているので

いつも以上に出退勤管理に困っているという企業も多くないはずです。

必ず導入してよかったと思うクラウド勤怠管理ですので、一度検討してみてください。

スポンサーリンク



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。