年齢問わずパソコンのスキルが実務経験ゼロでも採用される人材の特徴

学び続ける (1)

どんな業種でもパソコンを使っている人はいますよね。パソコンがなくては仕事ができないという時代になっています。転職をしたいが、仕事であまりパソコンを使う機会が無かった場合、異業種に移ることも心の障壁になりますね。

そんな中で今回は、異業種からの転職向け・ネット検索くらいはPCが使える人材向けに情報提供していきます。

・少し使い方は知っているけどブランクがあり使い方を忘れてしまった!

・今のパソコンは進化しすぎていて使い方が分からないなど様々な人いませんか?

パソコンを使った仕事で実務経験がゼロでも採用する会社は沢山あります。

まず初めに、年齢問わずパソコンのスキルが実務経験ゼロでも採用される人材の特徴です。

実際に業務しながら身につけられるような能力のある人は採用に繋がります。元々パソコンは使うが、パソコンのスキルが不要・未経験と求人に書かれていた場合、会社の考え方にもよりますが、スピード重視ではない事も考えられます。更に、入社後に入社した人材のPCスキルや理解度を上司や管理者が把握しながら指導する、進めていくという職場の環境であるとも考えられます。

※求人募集に、パソコンは利用しますが、パソコンのスキルは不要,未経験者歓迎・OK等と書かれていれば、少し安心材料になりますね。

しかし、本当にPCスキル不要なのか?ついていけるのか?不安になりますよね。どんなことを仕事で行う可能性があるのか等ある程度は事前に知っておきたいですよね。

初歩的なPCスキル、メールができる・文章作成ができる・表計算ができる等はもっていなくとも必要最低限の電源のつけ方が分かる、マウスの操作方法は完璧、ある程度の必要用語は調べる・知っておく事は出来ると思います。

少し難しい内容となれば趣味程度でパソコン操作はできてインターネットを使い検索はできるなど多少の知識をもっておいたほうが良いです。

後々、難しい専門知識を学ぶことになった時でも全く知識がない人と比較した場合に有利です。

上記のような人が業務をしていくうえで必要なまず初めに覚えるべきことややるべきことを考えましょう。

資格取得する事ではないでしょうか。パソコンスキルがない人が、資格取得することは仕事への意欲があると感じます。スキルアップに繋がると見られるため有益です。

事務職をしたいという人向けですが、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)の取得は有利です。事務仕事では必須のWordやExcelなどのマイクロソフトオフィスのスキルを学べます。

この資格は通信講座もあり最低2ヶ月という短さで取得可能なので時間がない人にもおすすめです。

事務職は人気職とも言われており求人倍率では高倍率です。他の人と差をつけたいのであれば資格取得、スキルに差をつけることは自分に有利になります。

バックオフィス業務〔顧客と直接対峙することのない経理や総務、人事、法務、財務などの業務を指します〕の仕事がしたいという人は今はクラウド管理や様々なシステムやソフトを使う事も多い為、入社してから会社が利用しているITツールを学ぶ事になります。

又、インターネット検索などしか使用したことがなかった人は仕事に必要なメールソフト、文書作成ソフト、表計算ソフトの使い方を学び仕事に活かす必要があります。

メールはパソコンのアドレスをプライベートでもっている人であれば学ぶ必要が少ないと考えている人もいますよね。

しかし、会社で使用するとなればプライベートでは一対一のやり取りでは使わないCc、Bcc等分からないところもでてきます。ビジネス用語的なものも予習しておくとよいですね。

ビジネスでメールを使う際は、話し言葉と書き言葉で使い分ける事が良いとされています。メールでは話し言葉で相手に送るよりも書き言葉の方が3倍伝わりやすいと言われているからです。送る側の相手に少しでも理解しやすく・受け取りやすい内容を考える事も求められます。

例えば簡単な一例でご紹介します・・・

~話し言葉のメール事例

今日は雨なので、やる予定だったイベントは中止しないとですねー。

~書き言葉でのメール事例~

本日は雨の為、予定していたイベントは中止せざるを得ないですね。

どうでしょう。同じ内容でも全然違いますよね。話し言葉と書き言葉だけでも知っておくと便利ですから入社前にある程度、調べておいてもいいかもしれませんね。

また、社内共有メールや社外へのメール対応がある会社などは使い方が少し複雑になる為、取り扱いに気を付ける必要も出てきます。入社後、色々と細かく教えてもらえると思いますよ。パソコンが苦手でもその職に就きたいと思っている人は入社後も、職場で積極的に学びましょう。

事務職だけでなく、建築業でパソコンの知識を活かしたいという人は、専門の資格CADの資格所得をしたほうが有利です。

CADは専門技術などが必要なため、資格取得率は低いとも言われているため資格所有者は就職に有利です。

最後に入社前にあれば初心者向け無料で始められそうな、活用出来そうなサイトも沢山あります。事務職の中には、ホームページ作成を担当することになる人もいるのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、無料ホームページ作成ツールのWordPress(ワードプレス)です。

多くの個人や企業が利用しているサイトになり、初心者でも手軽に使えるサイトになっています。

年度が変わる時期が近づいてきており、部署移動で仕事内容が変わる、あるいは転職を考えているという人、新卒採用が決まったという人様々な人材がいる時期です。

次の職に就くまでに時間があるのであれば初日から自分の能力を発揮でき、仕事先に認めてもらえるような人材になるために資格取得などできることをやっていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。