令和版の起業はクラウド勤怠管理が必須アイテム。起業の際の7大アイテムとは??

時間管理

働き方改革で最も重要なのはまずは人材側での日頃からの時間や仕事の管理だと考えています。当社がクラウド勤怠管理を推奨しているのもその理由があっての事です。

皆様が事業を始めようと思った時、恐らく必須な物として(例外を除き)事業用として契約されるもの最低限のまずは6大アイテム

➀”電話番号・FAX番号を新たに取得”

(FAXなら、紙もいらないメール受信できるeFAXがお勧めです・・)

➁”フリーダイヤル”(ユーザー対応やカスタマーセンタ―等で必要であればあった方が良い)

➂”事業専用で使うインターネットやメールアドレスを取得”

④”ホームページの作成やドメイン”

⑤”名刺の作成” (名刺のデジタル化が当たり前になれば要らないかもしれません・・)

⑥”法人印”

なものがあげられると思います。連絡先は携帯で代用したり、ホームページはSNS・ブログで代用したりする方もいるかもしれませんね。

ここで、起業後、人を雇用する場合の必須アイテムが追加されます。令和版で会社設立時の契約必須サービスとして⑦”クラウド勤怠管理”が当たり前のものになると予想しています。

何故らならば、出退勤管理において時間や管理コストを無駄に使わず、効率よく働きやすい環境目指すには月額の利用料も安価でありながら導入できる優れたサービスだからです。有難い事に世の中にあるクラウド勤怠管理もほぼ安値で提供されています。(人員一人に付き300円程度で安いのに、サービス内容がバージョンアップし続けます)その職場ではたらく人材が増えれば増えるほど効果が実感出来るものになります。

日頃から成果を出す人材や期待値以上のお仕事をしてくださる人材の特徴として、自己管理能力が高い人である場合が多く、時間管理にも優れている事に気付きました。逆に日頃から時間の意識していない人材はダラダラと仕事をする傾向にあり、自分本位である場合も多く、相手の事を考えず何度も同じようなやり取りをしようとする場合があります。

であれば、日頃から時間を意識するアイテムはどんな企業にとっても時間管理に関係するようなサービスを導入いただくことは結果的にメリットが高く、取り入れやすく、どんな職業の方でも毎日使える有益なサービスであると当社は考えています。

会社でよく考えてみれば、「契約したけれども全然使っていない」、「一部の部署でしか使わない」、「値段以上の有効性や有益性を感じない」、「メリットが利用者全員に実感が無い」「人材が誰も喜んでない」等々のサービスは世の中に沢山ありませんか。使っても全くメリットを感じていない必要の無いサービスや一緒にはたらく人材が喜んでないサービスはそろそろ断捨離していただき、職場改善の一環として意義のある”クラウド勤怠管理で”アナログな職場をクラウド勤怠管理でまずは改善をお願い致します。

世の中の働き方改革では何かとオフィスワークでの事例が多いですが、クラウド勤怠管理はオフィスワーク以外の職場に導入いただくことで、更にその職業や職場を魅力的にするアイテムと成り得ます。オフィスワーク以外で利用するメリットも今後、掲載いたしますので是非サイトを見てください。恐らく当社でしか提供できない得られない一次情報や内容になっています。

クラウド勤怠管理は「はたらく人」すべてに適用できるものです。

スポンサーリンク



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。