イライラを職場にまき散らす人材にはアンガーマネージメントとストレス要因を解決することが大切

アンガー (1)

「今日はあの人何か嫌な事でもあったのかしら??」「今日はいつもより機嫌が悪いね」と分かりやすい態度で示してくれる人材いませんか?少しいい表現をしましたが・・

職場には喜怒哀楽がある人材が何考えているかわからないより、わかりやすくていい、扱いやすいと擁護する声も一部あります。

しかし、周囲で働くことになった人達にとっては、この人材、大変迷惑ですよね。

このような人材がいても周囲はどうすることもできない事が多く、温かい目で見守っていることでしょう。大人になってまで周囲に機嫌を取ってもらわないといけない人材には早く「アンガーマネージメント」を学んでもらい実践してもらいましょう。

アンガーマネジメントとは、イライラや怒りといった感情をコントロールすることです。

イライラの原因をどう対処するか、怒りをどう対処するかを学んでいただかなければ、周囲の働きやすさはいつまでたっても改善されません。イライラが発動した時の対処法を知る事で改善されます。

イライラしている人材は大抵、感情的に物事を考えがちです。冷静になってもらいましょう。

イライラの原因は、その人材によりますが、例えば、家庭やプライベート問題を仕事に持ち込みイライラしている。仕事量のオーバーで周囲に当たり散らし、この延長線上で自分のミスは棚に上げて、人のミスには冷たく詰め寄る。このような人材はどこにでもいます。残念ながら・・・

原因としては、自分を客観視することが出来ないくらいその人材にとっては過重労働となっているケースです。恐らくこの場合、本当は本人が一番とても辛い想いをしているのではないでしょうか。あまりの忙しさに、気づいていない場合もあります。これは周囲へのハラスメントに繋がる要因にもなります。

この場合、誰が解決できると思いますか?

経営者や経営者層・管理職です。経営者は、現場にはいるのではなく、経営の仕事をしろ!と思う人材が多いでしょうが、それは、職場に問題が無い場合の話です。経営者層が職場環境改善には積極的である必要があります。人材の働きやすさを二の次にして、放置していてはいけませんよね。

イライラしてしまう人材の本当のストレス要因をまずは知っておく必要があります。人材が様々な職場ストレス要因を抱え、改善されない状況であるのに会社からの要求ばかり通してはいけません。

もしかしたら、職場以外の問題の可能性もあります。不安な事があるのかもしれない。仕事のフォローやサポートが受けられず、悩んでいるのかもしれない・・・何か別の要因でイライラしているのかもしれないのです・・・

又、 経営者層や管理職は、出来る限り自分が人材のストレス軽減にならないように自己を見つめなおす必要もあります。ストレス問題を抱えている人材が多い職場は、本当に多いです。まず原因や問題点を見つける為の個別ミーティングを積極的に定期的に実施してみましょう。

スポンサーリンク



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。