職場にすっぴんで出勤する女性あり?なし?

職場には、目に見えにくい女性の日々の労力(時間)です。

女性の場合、職場に化粧( メイク )していく派、しない派が色々なアンケートでも半々くらいになっています。メイクしていく派の方が少しだけ上回ります。

メイクをすることが女性にとって「必須」の身だしなみとなる場合、ある意味、労働になります。女性が メイク をする理由は様々ですが、モチベーションUPや身だしなみを整える等々沢山あります。好きでメイク をしてくる人材の場合は、本人達も楽しんでやっていますので問題として焦点に当たりませんが、メイクをしない職場の女性に依頼する時には知っておいて欲しいことがあります。

化粧をしない事がマナー違反であると捉える職場も沢山ありますよね・・・。

化粧自体は人によってかける時間は様々ですが、社会人を対象としたアンケートで、もっとも多い化粧に割く時間は10分~15分、最大で30分となっています。

また+髪型のセットを求める場合、数分から数十分。女性には様々な時間が通常かかりますね。

仮に最大30分と設定した場合、1日30分×出勤日22日、月に660分使う事になるんですね。一ヶ月11時間も使っていることになります。メイクが強制でなければ、この11時間を削りたい人もいますよね・・・。

因みにイギリス女性が生涯化粧に費やす時間は2年間とも言われています。20歳から60歳までの40年間化粧した場合です。凄いですよね。人生の丸2年を化粧していることになります。

2年あったら何が出来るでしょうか・・。 20歳から60歳の元気で動ける2年というのは大きいです。

化粧をしてくる女性社員がいた場合、その労力を理解する必要があります。職場で内勤で誰とも会わない等の場合、すっぴんでやってくる女性社員がいる職場もありますよね。またお客様と対面する必要性のある営業職の場合はほぼ確実にこの女性の化粧が必須となるケースが多いです。

コロナ禍でマスクが増えたため、メイクをしない人材も増えています。そうなると益々、すっぴん女性の職場出社率が高まる企業がでてきますね。

すっぴん出勤から化粧するようにして欲しい場合は、1度この時間問題を考えてみてください。、あやふやにしておくと職場に すっぴん 女性が増えていく傾向にあります。

また、化粧が必要となる職場の場合は、これからは化粧してくることが当たり前と捉えずに、入社前などに説明や御願いする等しましょう。

また、企業メイク研修を行っている会社もありますので、必要性があれば職場に取り入れてみてください。オンラインメイク研修等もありますよ。

時短を目指す人はアートメイクに挑戦しましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。