ローパフォーマー対策

ローパフォーマー

どこの職場にもいる成果が期待できないローパフォーマー問題、フリーライダーとは違い、(フリーライダーは、頻繁な離席や完全にサボる業務怠慢)ですが、ローパフォーマーは頑張っていても結果が出ない、生産性の低い社員のことになります。

ハイパフォーマーとは、豊富なスキルや経験を持ち、それらを駆使して高い生産性をあげる人材のことですがアウトプットが上手な場合もハイパフォーマーになりやすい存在と言えます。ローパフォーマーはその真逆です。

ローパフォーマーの場合、インプットしたことをアウトプットするどころか、インプット情報をすぐ忘れてしまう為、アウトプットが出来ません。職場ではあらゆるインプット情報を、そのまま使うということはイレギュラーであります。その為、職場での応用で使われることが多いですよね。

例えば、営業・電話対応の練習(ロープㇾ)した、全く同じ言葉を話されるお客様はいません。もしロープレ通りお客様がいた場合、通常は練習している為、成果の発揮どころですが、そもそも練習内容を忘れている、頭に入れていなくては、研修も講習も無かった事と同じになります。

研修や講習時間は仕事しなくていい時間!!やったー!楽勝だ!等と浮かれる人材がいた場合、業務を甘く見過ぎていると結果で返ってきます。会社は何の為に、時間を割いたり、費用を捻出したり、スキルアップさせているのか分からなくなりますし、人材投資をする企業が段々減ってしまう可能性もあります。

日本では、世界と比較してもかなり低い日本の労働生産性。その原因は仕事への姿勢とも言われています。労働生産性が低い原因は下記のようなことがあげられます。

労働生産性が下がってしまう原因の一つとしては、様々な業務に労働人員が分散してしまうことが挙げられますがそれ以外にも、適性にあっていない業務の場合も生産性が著しく低下する原因になります。

部署が変わった、業務内容に変化があった場合は特に注意が必要です。

適性でないことにより、少しの挫折で諦める、やる気を失いやすくなりますので、その分、管理職や周囲が適性でない人材のフォローにかける時間が自然と増えていく事になります。会社の生産性のカギはローパフォーマーが握っているのです。

ローパフォーマー 労働生産性が低い人材の特徴 8個をご紹介

指示待ちが当たり前

・周囲がなんとかしてくれるだろうという甘さ

仕事の時間以外、学ぼうとしない

時間に対する成果を考えていない

自己設定している目標が低い

・自分のモチベーションをコントロールできない

あくまでサポート感覚での仕事

出来ない理由を職場のせいにする

ローパフォーマー対策

➀職場で引き続き指導や研修を行う

➁社外研修などの活用

➂適正な配置転換を行う

④職場でどうしても労働生産性が上がらない場合、アウトソーシングという形で業務を委託がお勧めです。プロの手に特定業務をゆだねることによって、より質の高い仕上がりになるというのもメリットです。

特に➁④は専門的な分野のプロをアウトソーシングして招き入れる事によって時間とコストが無駄になることもありません。

特にメイン業務でないところであれば、アウトソーシング(外注化)してしまうのが効果的です。管理職人材も、生産性の高い仕事をしたいはずです、また、アウトソーシング先を複数持っておくことで、柔軟に業務拡大・縮小も可能になります。不測の事態にも臨機応変に対応ができます。

アウトソーシング(外注)先を探しておく・増やすことは、企業にとってメリットが高いですね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。