子育てと仕事を両立させる人材へ必要な職場のサポート

家事育児子育て


家事や育児・子育てをしながら働き続ける人には職場のサポートが不可欠です。このサポートがなければ、本来、働き続けることは難しいのではないでしょうか。人材が本当にして欲しいサポートを世の中にある全ての会社はする必要があります。



➀休暇や遅刻・早退が柔軟に出来る事は必然。

これは人材が少しの不安も迷いも感じずに、取りたい時に申請がスムーズに出来る柔軟性と環境こそが会社に求められます。会社の事も考えてよ~というような言葉はナンセンスなんです。



この 休暇や遅刻・早退 の際に、申請者が少しの不安も迷いも生じさせないのがポイントです。この言葉は「当たり前である」ということを指しています。会社・上司や同じ部署の人材の顔色を一切窺うことなく、必要性のある際に、休暇・遅刻・早退が出来る事。 この休暇や遅刻・早退 の申請 にあたり、「申し訳ない や すみません」が 家事や育児をしながら働き続ける人材の口から言わなくていいようにしなくてはいけません。

ここで活躍するのはクラウド勤怠管理、自分のスマホやパソコンから打刻申請が出来れば、わざわざ相手〔上司や部署〕に時間を割いてもらって電話対応等をしてもらわなくても大丈夫です。積極的に職場へ導入できるようにしていきましょう。

➁とにかく時間に余裕を持って行動させてあげることが必要です。



皆さんもご存じだと思いますが、子どもの送り迎えの際に、皆さんとても急いでいます。子どもには会社の都合なんていう理屈は通用しません。育児をしている人材は、毎朝大変です。夕方、保育園や幼稚園などに迎えに行くお母さん方は、あり得ないほどの全速力で自転車をこいでお迎えに行っているお母さんも沢山見かけます。幼稚園バスのお迎えであきらかに間に合っていないお母さんに遭遇したこともあります。子どもはとても不安そうでした。(※ 幼稚園バスも停車したまま、先生は携帯でお母さんに連絡、近所のお母さんも一緒に待ってあげていたということも・・)

どういった理由や事情であれ、職場での理由で遅れてしまうことが絶対にないように、余裕を持った行動を促せる立場になる必要があります。会社の都合ばかり考えては駄目です。

必要に応じて企業側は定期的に人材の勤務時間の見直しが必要です。

会社で勤める人材の中には、県外から出てきて働いている人材もいるし、近くに頼れてサポートしてもらえる親族が住んでいる場合もあれば、そうでない場合もある。様々な環境の中で、人生のライフスタイルを変化させていく上で、働きやすい会社とは、紛れもなく職場内の安心感やサポートが必要になります。



私が勤める会社にはサポートなんて感じられない・・もう仕事を辞めるべきかと悩み、ワンオペ育児で疲弊する人材が、健康障害や思わぬ事故にあってしまわないように、十分に配慮していきましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。