仮病を疑われてしまう人材

ネイル

仮病かどうかは通常は判断できないものです。しかし、あきらかに仮病である場合が発覚する人材もいます。

例えば、「熱や風邪の為、お休みが欲しい、どうしても体調不良で仕事することが困難」な場合、それは事実であれば正当にお休みした方が周囲にとっては良いですね。周囲も積極的にサポートしてくれると思います。

しかし、どう考えても仮病であると発覚するケースがあります。

例えば、体調不良で休んでいたのに、次の日に外見に変化がある場合です。「??」髪色・髪型変わった?爪が可愛くなった・・まつ毛長くなってない??等々。あきらかに、休んだ翌日にPROの手が加わったと思われる場合です。

美容院に行っている・ネイルに行っている・まつげエクステに行った、何かしらわかりやすい場合です。これはあきらかに先輩上司から仮病と疑われる可能性があります。特に女性が多い職場では普通に気ずかれますので、後々、面倒な事になる前に、知っておきましょう。

午後から体調が良くなった等・・あまり言い訳にはなりそうにありません。こういったことは、社会人なりたての人に見られる傾向にあります。

職場で何も言われなかったとしても、知っておかないと後で働きづらくなるケースがあります。体調が悪い時は、宣言通りしっかり薬を飲んで休む、病院に行く、変な疑惑を持たれないよう、注意しておきましょう。

気分で休む人材

嫌な事があった日には必ず休む、前の日寝てない・・または毎週決まった曜日に遅刻や欠勤等々、通院等の体調不良の場合は仕方ないのですが・・・

仮病と疑われてしまいますので、何かしらの理由があれば事前に職場に相談しましょう。シフト等の調整をしておけば周囲は事前にサポートしてくれるはずです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。