あったら嬉しい福利厚生サービス編 <ワイシャツ クリーニング>等々

ワイシャツ

リモートワーク勤務でワイシャツをクリーニングに出す人が減っておりクリーニング業界が打撃を受けています。

自宅で ワイシャツ を洗濯しなくて良くなった場合、単身者や奥様方にはとてもメリットだということも間違いないですよね。

通勤で着ていくなら毎日の事で尚更このワイシャツの洗濯+アイロンがけは、少ない時間とはいえ労力です。この時間も塵も積もれば山となります。

しわになりにくシャツが世の中に存在していたとしても、全くしわが出来ないわけではない。ひとたびしわしわワイシャツを旦那さんが着ていけば、家庭の不仲や、ダメ嫁認定されてしまいます。上司がしわしわシャツを毎日着て来ていたら、いずれ尊厳も薄れていくでしょう。

ワイシャツを強制していない会社は良いですね。しかし、オフィスワーカーや営業マンはまだまだワイシャツ文化を維持する風潮にあります。

そこでLURSではこんな福利厚生があったらいいなぁとテーマに今回このしわしわワイシャツ問題と日々の労力、更にクリーニング業界の再復活ということで題材にしております。

あったら嬉しい福利厚生サービスの1つに、クリーニングの福利厚生サービス、クリーニング会社は法人提携で人材はワイシャツのクリーニング代が無料又は割引の導入は画期的です。※例えば終業後、着たワイシャツを脱いで帰り、次の日の終業時には、出来上がり。とても便利ですね。面倒ならまとめてクリーニング出すのもいいかとも思います。※クリーニング専用BAG等の支給含め。

考えればまだまだ色々案はあるかと思いますが、企業は福利厚生で差別化を図る時代にもなりますし、クリーニング業界も一定した法人契約が見込まれれば、経営もしやすくなります。

恐らく単身者にもご家族の奥様からも有難がられますし、家族からの企業の評価やいつもパシッと決まったワイシャツであれば社外からの企業評価も高まります。

身だしなみは大事ですもんね。

※クリーニングのPROにお任せした方が良いに決まっています。 企業でワイシャツ を着る必要のある人材に身だしなみを求めるのなら、職場で ワイシャツ も管理すればいいことです。

福利厚生は、職場に勤める人材だけでなく、その人材を支える家族にも恩恵があることが望ましい。職場の生産性向上を求めた場合、必要でない部分には人材に負担や労力を使わせない企業努力も必要です。

ワイシャツ 文化の企業維持の経営者や経営者層の皆さん、是非ご検討お願い致します。



あったら嬉しい福利厚生サービス編 <美容院又は床屋さん>

男性社員は特に、定期的な散髪が求められます。女性ももちろん美容代が必要です。会社で福利厚生サービスを実施している企業の実例で女性の場合、オシャレ関連で使ったもの(美容院やアクセサリーやファッションアイテムの購入など)なら毎月5000円~10000円(役職によって金額は異なります)を会社に負担してもらえるという制度を取り入れている企業も存在します。嬉しい福利厚生ですね。

他にもまだまだ、あります。誕生日といえば誕生日プレゼントが必要になるものですが、なんとそのためのプレゼント費用として会社から10000円が支給してもらえるという会社もあるんです。職場人数が多いと人材の負担が必然的に多くなるのは確かです。

こういった人材のモチベーションやコミュニティ費用を会社が負担してくれるのは有難いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。