毎日を楽しく過ごすためには何を心がけたら良いのでしょう

生きていて、仕事をしていて毎日楽しいですか?心の底から楽しいと思えて胸を張って自信をもって楽しいと言える人はどれくらいいるのでしょうか。楽しいと感じる人、楽しくないと感じる人にはどのような差があるのでしょうか。

楽しく過ごせている人は心穏やかな人、楽しくない人は心が乱れていたり何事も他人のせいにしがちの人の可能性があります。心穏やかな人は周りがどんなにイライラしていても自分は自分と割り切って楽しいことばかりを考えて過ごせるのではないでしょうか。

ポジティブなことしか考えず過ごせば、自分は穏やかなまま過ごすことが可能ですし、今後もネガティブな思考は持たずポジティブ精神の一択でいけば何事もうまくいくのです。

逆に楽しくない人は、隣の芝が青く見えたり、なんで自分ばかりこんなに楽しくないんだと周りのせい、他人のせいにしてしまう人ではないでしょうか。

自分の気持ちが負の感情にいるだけなのにそれに気づけないことによって周りのせいにしがちなのです。自分の不幸は自分のものだけであり、他人のせいにするのはおかしいです。

自分が不幸だと周りに目をむける余裕はなく、周りは幸せで楽しそうなのにと考えてしまいますがそんなことはなく自分の感情に向き合っていられないだけです。辛いことがあれば何が嫌だったかそれは誰のせいで起こってしまった事態なのか考えればいいのです。学習したらいいのです。

考えもせずに自分の気持ちとは関係ないところで不幸になっているんだなどと考えていてはいつまで経っても自分のせいということには気づけません。

人間なので喜怒哀楽が毎日あるのはもちろんですが、怒りや哀しみの感情は少なくしたいものです。喜びと楽しみを多く見つけるのは自分次第です。その感情を周りにも連鎖させることができたら毎日楽しい日々に近づくのではないでしょうか。

また、過去を振り返るばかりではいけません。現在、未来も大事です。過去に何か嫌なことがあったらどうして嫌なことがあったのか考える必要もありますが、考えてばかりいたら負の感情にどんどん入り込んでいってしまう可能性もゼロではありません。

時には過去は過去と割り切ることも大切ですが、時に過去を振り返ることも大事です。過去の出来事を思い出しては嫌な気持ちになりイライラして後悔する人もいますが、過去のことより学べることもあるのです。

同じつらい思いをしたくない嫌な気持ちにはなりたくないと考えることができたら簡単に反省することも可能ではないでしょうか。過去のどこがどのように駄目だったか考えて現在や未来に活かして生活することで少しずつ明るくなり楽しい日々を送れるようになるのではないでしょうか。

過去を振り返ることは大切ですが、後悔をする必要はありません。後悔をするくらいなら、同じ過ちを犯さないようにして現在と未来を明るく楽しいものにすることだけを考えた方が人生うまくいき、ポジティブな考えもできるのではないでしょうか。

何をやってもネガティブになってしまう人は周りのポジティブな人を観察することから始めるのも一つの方法ではないでしょうか。根がネガティブな人は周りを見る余裕がなかったり最初にも書いた通り隣の芝が青く見えてしまうだけかもしれませんがそれは自分が今後絶対変わるんだという強い気持ちを持っていれば大丈夫ではないでしょうか。

自分の性格や気持ちとは正反対の人を見つけてどのような表情で過ごしているか感情や気持ちはどうしたらポジティブになれるのか聞いてみて学べそうなとことは取り入れる気持ちがあればいずれかは変われるのです。

仕事をプライベート空間に持ち込んだり、プライベートを仕事空間に暗い気持ちを持ち込むことはよくないですが、良い感情なら相互に持ち込んでも問題ありません。プライベートでも仕事でも明るい人は周りを明るく照らすことが可能で居なくてはならない存在です。

そんな人に全員がなるためには、毎日楽しく過ごすにはを考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。