職場の近くにコンビニにしかない場合は食事補助が必要!?

社食

いつも体調崩す人材、遅刻や急な休みが多い人材がいる職場はありませんか??

朝から頭が痛いんですよね・・熱っぽくって・・・風邪気味で・・・等々からの通勤と仕事。病院にすぐさま行けばいいのに行かなくて日常的に体調の悪さを職場に伝える人材いませんか?。仕事のパフォーマンスに必ず影響するはずですからそんなにキツイなら病院に行きましょう。市販の薬を飲む、病院に行く為に遅刻するなり、休めばいいのですが、無理して会社に来ることで、周囲も気を遣うことになります。

健康増進のために様々な取り組みが色々な会社で行われているのをご存じでしょうか。2008年に施行された労働契約法によって定められている「労働者が安全で健康に働けるよう、企業側が配慮すべき義務」のことです。

社会人ともなれば、体調管理も仕事のうちですもんね・・・。疲れているのはその人材だけではない・・ですが、皆出社してきいます。

体調が悪くなくても、「低血圧」を理由に朝からやる気がない人材、話しかけても同僚にスルーする、かったるそうに話してくる等々、午後からはいつも元気!!という人材も中にはいるようです。周囲の人も朝から今日はあの人は機嫌悪い・・悪くない・・を察知しなければなりませんので、もはや仕事よりも人間観察がメインになります。管理職や上司であれば最悪です。様々な点で業務の滞りに繋がりますし仕事しづらい・・。

この手の場合、体調が悪いことが原因ではなくて、体調管理をしていないことが原因です。体調管理をしなければ周囲の人材に迷惑もかかり、元気で働いている人材のモチベーションまで下げる事になります。しかしこの問題、職場の近くに特定のコンビニしかない、そもそも購入元の選択肢がなければ持参する以外に食事に関する健康面対策は個人の限界があります。単身世帯が多い職場等なら尚更ですね。会社が人材の健康管理をサポートしなければ、いけませんね。

体調の悪い原因は、例えば、残業続き、食生活が乱れてい(栄養バランスが悪い)、睡眠不足、ストレス、全く運動しない等が考えられます。また職場近くには特定のコンビニしかない!!社員食堂もない場合も人材が体調を崩しやすくなります。バランスの良い食生活が職場にも必要ですね。人材の健康第一です。

体調不良は人材(個人の責任)の責任時代はもう終わりです。人材の健康面サポートの一環として食事補助も人気がありますので取り入れてみてはいかがでしょうか。人材は食事代も浮くし栄養バランスもよければ取り入れない理由がないですよね。

食事補助とは・・・従業員の昼食代などの飲食費を企業側が負担する福利厚生です。 食事補助の提供の仕方はさまざまですが、「社員食堂で食事を提供する」「配送サービスを利用してお弁当やお惣菜を提供する」などといった方法があります。人材の健康面の管理は会社で行う時代です。

置き型健康社食や宅配型社食を取り入れて人材の健康サポートをしましょう。栄養バランスも考えられた食事であれば、会社も人材もメリットしかありませんね。また、サプリメントも社員平等であれば、福利厚生として取り入れて良いことになっています。 サプリメントならより気軽ですね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。